感染症対策のため予約と予約の間に清掃を実施しております。

お肌の悩み別おすすめ施術

当院で美容鍼や刺さない美容鍼を受けられる方々のお悩みを大きく分けると

主なお悩み

・しわ・むくみ・くすみ・たるみ

細かく言うとほうれい線やシミ、肌の乾燥(潤い不足)、、毛穴の開き、吹き出物、クマ、エイジングケアなどです。
上記の主なお悩みが改善されていけば細かく分けたお悩みも一緒に改善されやすいです。

肌の悩み:しわ

なぜしわができるのか?

1:加齢
年齢を重ねると、皮膚の弾力性と柔軟性が低下します。コラーゲンやエラスチンといった皮膚の構造を支える成分の生産が減少するため、肌がたるみやすくなり、しわができやすくなります。

2:表情の繰り返し

表情筋の繰り返し使用によっても、しわが形成されます。例えば、笑顔や眉をひそめる動作が繰り返されることで、皮膚に細かなしわが刻まれていきます。

3:紫外線
紫外線(UV)によるダメージは、皮膚の老化を促進します。紫外線は皮膚のコラーゲンを破壊し、自由基を生成して皮膚細胞にダメージを与えます。これが長期的にはしわの形成を引き起こします。

4:乾燥
皮膚が乾燥すると、バリア機能が低下し、肌の弾力性も失われがちです。乾燥した状態の肌はしわが目立ちやすくなります。

5:喫煙
喫煙は血流を悪化させ、皮膚への酸素供給が不足するため、皮膚の老化を早めます。また、タバコに含まれる化学物質がコラーゲンとエラスチンを破壊し、しわの形成を促進します。

6:栄養不足
ビタミンやミネラルの不足も肌の健康に悪影響を及ぼします。特にビタミンCやEなどの抗酸化物質は、皮膚の保護と修復に重要です。

7:ストレス
ストレスはホルモンバランスを乱し、皮膚の健康にも影響を与えます。ストレスホルモンであるコルチゾールは、皮膚の老化を促進し、しわを引き起こす可能性があります。

7つの原因を挙げてみました。あなたはいくつ当てはまっていますか?

シワがでやすい場所、気になる場所

1:額
横じわ: 額に横に走るしわ。表情の動きや加齢によるもの。
縦じわ: 眉間にできるしわ。ストレスや集中している時の表情によるもの。

2:目元
笑いじわ(カラスの足跡): 目尻にできる放射状の細かいしわ。表情の動きにより目立ちやすい
目の下のしわ: 皮膚が薄いため、乾燥や加齢による影響を受けやすい。

3:口元
ほうれい線: 鼻の横から口角にかけてできる深いしわ。加齢や顔の筋肉のたるみが原因
マリオネットライン: 口角から顎にかけてできるしわ。口元のたるみが主な原因

4:首
ネックライン: 首にできる横じわ。加齢や姿勢の悪さが影響。

5:デコルテ
デコルテのしわ: 紫外線や加齢による皮膚のたるみが原因。

6:手の甲
手の甲のしわ: 乾燥や紫外線による影響で目立ちやすくなる。

しわの予防と対策

保湿: しわの予防には保湿が非常に重要。保湿クリームやセラムを使用する。
紫外線対策: 日焼け止めを毎日使用し、紫外線から肌を守る。
健康的な生活習慣: 栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、ストレス管理が肌の健康に保ちます。
表情筋トレーニング: 顔の筋肉を鍛えることで、しわの予防や改善が期待できる。

肌のお悩み:むくみ

なぜ、むくんでしまうのか?

人の体の約6割は水分です。
通常は体の中で多すぎず、少なすぎず調整されて一定に保つように働いています。
しかしそのバランスが崩れると(疲労や睡眠・運動不足、冷え、また塩分やアルコールの摂りすぎ、女性では月経時などに)むくみが起こることがあります。

1:塩分の摂り過ぎ
・高塩分の食事は体内に水分を保持し、むくみを引き起こします。

2:アルコールの摂取
アルコールは体内の水分バランスを乱し、脱水状態を引き起こすことがあります。その結果、体は水分を保持しようとし、むくみが生じます。

3:睡眠不足
睡眠不足は血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こし、むくみの原因となります。

4:ストレス
ストレスはホルモンバランスを乱し、体内の水分代謝に影響を与えるため、むくみが生じやすくなります。

5:長時間の同じ姿勢
長時間同じ姿勢でいると、血流が悪くなり、むくみが発生します。特にデスクワークなどで座りっぱなしの状態が続くと顔にもむくみが現れることがあります。

6:ホルモンバランスの乱れ
月経前や妊娠中、更年期など、ホルモンの変動が大きい時期には、むくみやすくなります。

 

なぜむくむのか?

人の体の約6割は水分です。
通常は多すぎず、少なすぎず一定に保つように体は働いています。
しかしそのバランスが崩れると(疲労や睡眠・運動不足、冷え、また塩分やアルコールの摂りすぎ、女性では月経時などに)むくみが起こることがあります。 

飲みすぎや冷えには注意

飲みすぎや冷えには注意しましょう

あなたの体は流れやすいのか?

本来なら水分の調節をしてくれるはずの自分の体ですがむくんでしまうのには原因があるはずです。

首や肩、鎖骨の周辺など硬くなって老廃物が溜まり、血流やリンパの流れが悪くなってはいないでしょうか?

夏場のクーラー、冬場の手足の冷え、同じ姿勢でいることによる血行不良など温度や季節、姿勢によってもむくみやすくなります。

マッサージを行う、血行を促すことがむくみにとっては一つ有効な手段といえます。

血行不良お悩み:くすみ

くすみの種類

くすみのイメージ

あなたの顔色は?

血行不良(手足の冷えなど)、肌の汚れ、顔のこすりすぎ(過度の洗顔など)、乾燥などがくすみを作る原因となっています。

粉っぽい、顔に油分がない、カサカサしているなどの場合は乾燥が原因かもしれません。

なんとなく茶色いといった顔の印象の場合、日焼けによるダメージ、メラニン色素が原因かもしれません。
汗で流れたらすぐに塗りなおすなど日焼け対策を見直す必要があるかもしれないです。

体力がない、疲れやすい、顔色が悪い、血の気がない、白いとか青いといった印象の方は血行不良によるくすみかもしれません。

肌に透明感がなくなってきたと言う方はターンオーバーの乱れや角質ケアが不十分と言うことが原因かもしれません。古い角質がついたままとなりくすみの原因になります。週に1回はスクラブ洗顔で角質や毛穴のケアをしましょう。20代で平均28日周期のターンオーバーも30代40代でこの期間がだんだんと遅くなってきます。

どうすればよい?

まずはご自身の顔色や紫外線対策、食生活、タバコを吸っていないかなどあらためて改善点を探して見ましょう。

お悩み:たるみ

なぜたるむの?

たるみの原因は大きく分けて2種類です。

  • 加齢により弾力が減った 
  •  むくみにより下にたるんだ(さがった)

たるみの出やすい場所

たるみのイメージ

あなたはどの部分が気になりますか?

目の下
目の下がたるむと皮膚が薄く目の周りの脂肪などが支えきれなくなり、下まぶたがプクッと膨らんだようになります。

フェイスライン
フェイスラインがたるむと、二重あごのような状態に、体重が増えたわけではない場合はたるみが原因かもしれません。

頰がたるむといわゆるほうれい線になります。むくみや加齢で支えきれなくなった皮膚がさがり、線になりしわのような状態に見えてしまいます

他にも口元など、たるみが合わさることで出る場所は人により様々です。

実年齢より老けて見られるのを防ぐ

表情に力がない、たるみ部分に影がでるなど、放っておくと実年齢より老けて見られるということがあります。

当院に来られる方のお悩みの多くは

  • 血流をよくする 
  • 表情筋を硬くしない

といったことで予防していくことができます。