新型コロナ対策のため予約と予約の間に清掃を実施しております。手指消毒にもご協力よろしくお願いします。

薄毛に対しての施術、頭皮鍼とヒト幹細胞培養液

ここに掲載している写真等は女性の薄毛に対して施術を行なっております。
例外として男性例(友人)と自身の円形脱毛の例も載せております。

施術として薄毛だけではなく
髪のボリューム維持や美髪(ツヤ、コシ)といったものに対しても施術を行なっております。
夏の強い日差しで痛んでしまった、秋になると抜け毛が増えるなどのお悩みにもおすすめです。

基本的には頭髪美鍼(頭皮鍼とヒト幹細胞培養液)をおこないますが
ケースバイケースで施術の内容を変えているもの(ヒト幹細胞培養液のみや局所の鍼と培養液)などオーダーメイドな施術も含まれております。

施術の注意点
・すべての方に期待する効果が現れるわけではありません。
・1回で最大限の効果を期待される方はご遠慮ください。
・持病をお持ちの場合施術を行えないことがあります。

・1ヶ月以上期間があいてしまう方には不向きな施術です。
(理想は1〜2週間に1回、空いても1ヶ月以内に1回、月に2〜1回のペースが望ましいです。)

髪の毛には髪が抜けてから新しく生え変わるまでの期間(ヘアサイクル)があります。
通常は3〜4ヶ月くらいです。3〜6回くらいから変化がみられる期間の目安となります。

女性の薄毛に対する施術例

◆施術内容◆

鍼(はり)は苦手なためヒト幹細胞培養液のみで施術を行なっていく。
ホームケアは市販の育毛剤のみで他は特になし。

70代女性、年齢とともに前髪や頭頂の薄毛が進み悩んでいた。
ウィッグの購入、使用も検討していたがダメ元でも良いのでやってみたいということで開始。

1回目施術前の様子
約3週間後に2回目

1回目から約3週間目に2回目を行いました。
この間に行ったことは美容室で髪を切ったこととこれまで通りの市販の育毛剤によるケアのみです。

女性の分け目の悩みに対する施術例

◆施術内容◆

美容鍼+頭皮美鍼後に頭皮に対してヒト幹細胞培養液を使用。
髪に対するホームケアは特になし。

40代女性、子供の頃から分け目が広いと感じていた。
年齢とともに広がることも可能性として不安に感じたため施術を開始。

1〜4回目まではさほど変化もなく「何となく髪がしっかりしたかも?」くらいの感想でした。
回を重ね、6回目で髪に艶がでてきました。
この間1〜6回目の期間は白髪染めもしていなかったそうです。
髪も何となくですが白髪が減った感じに。
さらに回数を重ねて9回目で分け目もしっかりとしてき、毛艶が1回目と比べて違いがハッキリとわかるレベルになりました。

男性の薄毛

例外として知り合いの頭皮を施術をしております。
男性なので参考程度にご覧ください。

◆施術内容◆

気になる局所(頭頂部)への鍼とヒト幹細胞培養液の使用。
ホームケアとして頭皮用美容液(HSC KUREAH)を購入し使用。

40代男性、コロナ前(3〜4年前)から薄毛が気にはなっていたが、この1〜2年で急に進んできたということで施術を開始。
仕事柄汗をかくことが多く帽子内が蒸れることがよくあることも懸念点。

1回目施術前の状態と局所に鍼(はり)
吹き付けとエレクトロポレーション

1回目〜2回目の間で早期に変化があったということで家族内でざわついたとのこと。
頭皮用美容液はまめに使用しているということでした。

1回目施術前と3回目施術前

2022/8/21の段階で使いはじめて約3週間、ほぼ週1回のペースにて施術。
1回目に比べ黒い部分が増えてきました。
実質まだ継続中のため今後も定期的に更新していきます。

4回目とそのアップ

前回から2週間経過、使用から約1ヶ月
蛍光灯の影響や髪の方向で見え方の印象は変わってしまいますが、全体的に太い毛が増えてきたように思います。

3回目と5回目の比較

同じような毛流れの写真で比較。
周囲(外側)から徐々にですが毛に太さがでてきています。

また毛穴が肉眼で確認できる数が増えてきているように思います。
本人的には見えにくい部分なのでまだ自覚がないようですが奥さんから見た感じでは初期より結構増えてきている印象ということでした。

男性の薄毛:施術例まとめ

徐々にですが、つむじの部分がわかるようになってきた感じがします。

円形脱毛症とヒト幹細胞培養液

8/12、自身のことですが美容室に行った際に発見され少しショックでした。

少しだけというのは2年程前にも経験があり、皮膚科にて円形脱毛症だと診断され一旦は治っていたからです。
今回も治ると信じてはいます。

コロナ禍でのストレスが原因のような気がしますが、それはひとつのきっかけであって円形脱毛症は【自己免疫疾患】が原因とされているようです。

他にもアトピー性の場合や遺伝が関係する場合もあるようです。

8/12美容室にて発見。ツルツルとして毛穴も少ないです。
自己免疫疾患
本来、細菌やウイルスなどの自分とは違う異物を排除するために働く免疫機能が本来の働きをせず、自分自身の正常な細胞や組織(円形脱毛症の場合だと髪の毛の組織)を攻撃することで異常をきたす疾患の総称

前回も今回も自分の場合は比較的治りやすい部類である単発型という頭部に1つだけできるものです。

単発でも初めての場合、複数個できるなどの場合はすぐ病院に行くほうが良いと思います。

約1ヶ月経過して

脱毛部を囲むようにできているのか怪しいですが自分で鍼を。

発見から約4週間。
発見時はかなりツルッとしていました。
お盆明けから脱毛部分にステロイドを塗りはじめて約3週間。(塗るのは毎日)

ヒト幹細胞培養液は(2022/8/12、8/27)の2回行なっています。
見えないなりに自分で(局所ですが)脱毛部周辺に鍼も刺してエレクトロポレーションも使用しています。

9/3の段階で下の写真のような感じで
外側から産毛が生えはじめたようです。
少しホッとしております。

ヒト幹細胞培養液はステロイドと一緒にしないよう使う日はステロイドの使用をさけています。
全体的な毛髪の伸びは早く感じるのに対して円形脱毛部分はそこまでではありません。

約1ヶ月経った感想
自分自身ではヒト幹細胞培養液が円形脱毛部分にどこまで効果がでているのかは現状は実感がありません。
それはメインで使用しているのがステロイドであること。
使っているステロイド自体は抗炎症作用の効果しかないようですが髪に対してどちらが良かったのかといわれると使用率の高いステロイドなのかなという感じです。
炎症がおさまることが大事なので現状は我慢です。
治るのに要する期間が3〜6ヶ月が平均的な期間のようですのでもう少し様子をみます。

約1週間ちょっとで周囲の毛がかなり増えてきた印象です。
9/3と比べても地肌の範囲が減りました。
9/9を最後にステロイドの使用をやめました。

1ヶ月半経過した様子

9/24に脱毛部分を確認しました。
あと少しという感じです。
中心以外がだいぶ生え揃ってきました。
ヒト幹細胞培養液は9/10に3回目を使用しました。

9/24確認、黒い毛が生えてきた

円形脱毛部分に生えてくる髪は一時的に白髪が多く混じるようなのですが、それを差し引いても自分は多いのでヒト幹細胞培養液でこちらも減ってくれるとうれしいのですが経過を見てみます。

円形脱毛の経過まとめ

これまでの経過、10/13で小指の先くらいの範囲を残すのみとなりました。
お客様や知り合いの経過からみても3〜4回目くらいで小さいかもですが変化がでているような印象です。
早く生えて欲しいので1ヶ月くらいであまり効果を実感できないと書きましたが、気長にしていないとダメだったと反省です。

20年10月と22年10月の比較

20年10月と22年10月の比較

20年に初めて円形脱毛になったときの写真(同じくらいの時期になってました)が残っていたので現在と比較してみました。
円形脱毛部は今回のと場所も違いますし跡形もないのですが、30代後半ずっとつむじが透けるというか割れやすくペチャっとするなと思っていたのですが個人的に丸で囲んだ部分があまり気にならなくなりました。