美容師国家試験と開示請求と免許

祖母が亡くなった時、美容師になりたかったらしいと親が言っていたので

その意志くらいは引き継ごうと一念発起。

(頭皮や髪の知識も学べるのだから都合も良かった)

 

2016年から美容専門学校の通信課程に3年間通い、

先日の第39回美容師国家試験を終え何とか合格できました。

合格通知

鍼灸の国試は筆記のみなので実技試験があることが自分には珍しく感じました。

そしてみんなは就職がかかっていたりなので当たり前なんですが、

実技試験会場は(不謹慎だけど)お通夜のような雰囲気で、会話ひとつせず皆うつむいていたのですが逆にそれを見てなのか、風邪を引いて熱もあったせいか緊張せず受けることができました。

減点はオールウェーブの全体のバランス。

開示請求

筆記試験は「過去問、過去問やってたら間違いない」と皆が言っていましたが、

たぶんそれだけだったら今回は落ちていたかもしれません。

感覚でしかないですが、過去問とは少し傾向が変わった感じでした。

筆記試験

免許の申請にも結構お金がかかります。

住民票だ診断書だ、何だかんだと2万円近く

美容師免許

申請して3週間弱くらいで届きました。

これでなんちゃって美容師になれました。

早く申請したら申請特典

コームのセットが同封されてました。

いつか使えるように、何か勉強して行きます。

とりあえずそれまで封印。

2019年4月19日 | カテゴリー : ブログ | 投稿者 : iyashidokorohide11010915