鍼灸保険について

  • はてなブックマークに追加

保険を使うには?

鍼灸施術(美容鍼除く)にお使い頂くことが可能です。
(要医師の同意、3ヶ月間有効)


以下の6疾患が鍼灸保険の適応として認められております。
1.神経痛・・・・・例:腰部~足先にかけての痺れなど(坐骨神経痛など)
2.リウマチ・・・・手指など関節が腫れて痛むもの、リウマチと診断されたもの
3.腰痛症・・・・・慢性の腰の痛み、急性腰痛(ギックリ腰)など
4.五十肩・・・・・肩の関節が痛く、腕が上がらない症状
5.頚腕症候群・・・首や肩、腕の痛み、痺れ、重だるさなど
6.頚椎捻挫後遺症・むちうちなどの首の外傷

病院や整骨院のように保険証を持っていけば大丈夫ですか?

来院してすぐに保険適用とはなりません。
お手数ですが当院でお渡ししている同意書をもってお医者さまのところに行っていただく必要があります。

どうすれば使えますか?

医師に診察をしてもらった上で同意書に必要事項を記入して頂いてください。
(保険医でかつかかりつけの内科や婦人科の先生が比較的発行してくれやすいようです)
※美容整形、歯科医、大学などの研究医などは除く
記入済みの同意書と保険証、印鑑(シャチハタ不可)をご持参下さい。そのあとは当院にて手続きさせて頂きます。

同意は1度もらったらずっと保険が使えますか?

同意の有効期限は治療開始から3ヶ月間です。
治療を継続する場合は
3ヶ月ごとに再同意が必要となります。
再同意の場合は同意書に記入してもらう必要はありません。医師に口頭で続けて良いかの確認を取って下さい。

同じ疾患を他の病院などでも診てもらって大丈夫?

鍼灸施術には併給の禁止というものがあります。
併給とは同じ疾患(例:腰痛症)で病院等と鍼灸施術の両方の保険治療を受けることをいいます。
鍼灸の保険治療を開始してから病院等で治療をうけると鍼灸施術に関して保険が使えなくなる場合がありますのでご注意ください。その場合は実費扱いとなります。
別疾患であれば大丈夫です。

注意事項

保険の種類や組合によっては取り扱いができないことがあったり、ご本人が手続きしなければならないものもございますので当院にてご確認ください。

大阪府豊中市、鍼灸癒し処 英(ひで)のご案内

【住所】大阪府豊中市本町6-2-45
【お電話でのご予約・お問い合わせ】070-5260-7628
阪急宝塚線【豊中駅】から徒歩約10分 大阪や宝塚方面からのお越しにも便利です

ご予約はこちらから

大阪府豊中市本町6-2-45